オンライン状況

オンラインユーザー17人

山形の総合サイトYamagata1


復興ボランティア支援センターつながろうNET
やまがた休日保養山形ふるさと塾アーカイブス
東根市観光物産協会きらら山形
 
空旅
 

活動ブログ

事務局通信
2017/08/05

(酒田市)プログラミング教育に関する講演をさせていただきました

Tweet ThisSend to Facebook | by:mokichi
Yamagata1 プログラミング 酒田市教育研究所視聴覚研究部


関係者の皆様はご存知の事と思いますが、平成29年公示~平成32年施行の新小学校学習指導要領の一部に「プログラミング」という単語が盛り込まれました。

「児童がプログラミングを体験しながら、コンピュータに意図した処理を行わせるために必要な論理思考力を身に付けるための学習活動」
※小学校学習指導要領(総則)第1章・第3・1(3)イ 平成29年公示~平成32年施行

この新学習指導要領の公示を受けて開催された酒田市教育研究所視聴覚研究部様の夏季研修会に、講演&実習の依頼を頂き、酒田市立広野小学校様にお邪魔しました。

私は、現役のシステムエンジニア(自営業)でもあり、大学の非常勤講師や学習塾の講師もさせて頂いている立場にあります。そして、昨年度(平成28年度)から各所で定期的に若年層(小中学生)向けのプログラミング教室を開催させていただいております。こんな私の経験が少しでもお役に立てば…という思いで、自らの体験から得られたことを中心にお話させていただきました。
 

Yamagata1 プログラミング 酒田市教育研究所視聴覚研究部



【演題】
「スクラッチ」を使って、子どもができるプログラミングの手法を学び、学習への可能性を探る

1.私が「プログラミング教育」という取り組みをはじめたきっかけ
2.「スクラッチ」を使った学習への可能性として
 ・プログラムの基礎知識/特徴
 ・プログラミングを通じて育めるスキル
 ・なぜスクラッチが扱いやすいのか
3.「スクラッチ」を使用したプログラミング実習

Yamagata1 プログラミング 酒田市教育研究所視聴覚研究部


まずはプログラムの基礎知識/特徴についてです。一見難しく聞こえがちな「プログラム」ですが、実は皆さんも無意識にこの考え方で日々行動をしていることににお気づきでしょうか?自分自身が無意識に行っているそれらの行動に気付き、かつ、それらの行動を手順を追って詳細に説明することがプログラム化でもあり、プログラミングの入り口になります。その気付き方に加えて、プログラム化する基礎と特徴を知れば何も怖くありません。プログラミングというのは、プログラマーという一部の人間だけの特殊スキルではなく、すべての人が無意識の内に日常的に繰り返している中にもあるのです。まずこの部分を良く理解していただき、自分の意識の壁を取り外していただきたいと思っています。


Yamagata1 プログラミング 酒田市教育研究所視聴覚研究部


次に、プログラミングを通じて育めるスキルは、何も、論理的思考力、プログラミング的思考だけではないことを説明させていただきました。そもそも人間が人間らしく生きていくために必要不可欠な様々なスキルを、プログラミング教育を通じて育むことができるのではないかと、私は考えています。

最後は、何故それらのスキルを育むために「スクラッチ」というビジュアルプログラミング言語が有効なのかについてです。様々なビジュアルプログラミング言語がありますが、その中でもスクラッチが使いやすいと感じるのは何故か。ビジュアルプログラミング言語であるにもかかわらずなぜ論理的思考力が身に付けられるのかを、エンジニア&講師の目線で説明させていただきました。

一つ一つの説明に対して、先生方から頂戴した熱い視線とうなずきが印象的でした。
 
 
Yamagata1 プログラミング 酒田市教育研究所視聴覚研究部

そしていよいよ後半は、先生方に実際にスクラッチを使って頂いてのプログラミング体験です。
スクラッチとは何か、スクラッチの始め方・使い方、課題に沿ってプログラミング実習をしていただきました。

・やりたいことをプログラミング的思考で考えるとどうなるか
・答えが合っているかどうかは「実際にやってみて自分の目で確かめる」という答えの導き方
・上手く動かなかった時のガッカリ感
・その後上手く動いた時の感動

子供たちに指導しているイメージが先生方の中に少しでも湧いたら嬉しいなぁ~という思いで説明させていただきました。参加された皆さんはお気づきでしたか?皆さんの笑顔、「あれ?」という困った表情や不思議がる表情、そして、上手く動いた時の「やったー!」という表情は、子供たちと同じようにキラキラしていましたよ!

Yamagata1 プログラミング 酒田市教育研究所視聴覚研究部

先生方の様々な表情やリアクションを見せていただき、とても嬉しかったです!

是非、ご自身が実際に体験されたこのプログラミング経験を、教え子である生徒たちにも体験させてあげて欲しいです。

Yamagata1 プログラミング 酒田市教育研究所視聴覚研究部

プログラミング教育・・・何かと世の中を賑わせているこのテーマですが、それほど難しく考えることも無いのかなと個人的には思います。また、この指導要領を見る限り、コーディングを覚える事ではなくプログラミング的思考など通じて論理的思考力を育むことだと読み取れます。このため、あくまでも、プログラミング教育は論理的思考力の育成のひとつの手段でしかないという理解でおります。

とはいえ、せっかくプログラミングをする機会に触れるのであれば、教科の一部としてのプログラミングのみならず、新しいモノ作りの手段としてのプログラミングも進められたらどうかと思っています。夏休みの工作の代わりに一つのプログラムを作ってくる・・・「パパ&ママと一緒にこんなプログラム作ってきたよ!」なんて言葉が聞こえてきたら面白そうです。

これからは、大人も子供も楽しみながらプログラミングに関わっていけたら素敵ですね♪

Yamagata1 プログラミング 酒田市教育研究所視聴覚研究部

今回は、酒田市教育研究所視聴覚研究部の夏季研修会にお声がけいただきまして、本当にありがとうございました。関係者の皆様にはこの場をお借りしまして心より感謝申し上げます。また、積極的に「勉強しよう!」と思ってらっしゃる酒田市教育研究所視聴覚研究部に所属するたくさんの先生方にお会いすることができ、先生方の前向きな雰囲気に触れさせていただき、とても嬉しかったです。

少しでも皆様のお役に立てて、そして、先生方が指導される子供たちの笑顔がますます増えていただきますことを、心よりご祈念申し上げます。

今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。



日の出直前の鳥海山や庄内地方を包み込むように流れている雲の様子がとても綺麗でした♪

Yamagata1 プログラミング





酒田市教育研究所視聴覚研究部様 夏季研修会

「スクラッチ」を使って、子どもができるプログラミングの手法を学び、学習への可能性を探る
 第一部:スクラッチを使った学習への可能性(講演)
 第二部:スクラッチプログラミング実習

主催:酒田市教育研究所視聴覚研究部様
日時:2017年8月4日(金)9:30~12:00
場所:酒田市立広野小学校
参加者:
酒田市教育研究所視聴覚研究部の皆様(16名)
講師:齋藤博美(ダブルインフィニティコーディネート代表、NPO法人Yamagata1会員)


【プログラミング教育:これまでの実績と今後の予定
※敬称略 ※2017/8/5現在
 (実績) 
平成28年6~11月 東根市立東根小学校 パソコンクラブ(小4~6)
平成28年8月 東根職業訓練校 小学生プログラミング教室(小4~6)
平成28年12月 河北町職業訓練校 小学生プログラミング教室 (小4~6)
平成29年1月 東根職業訓練校 小学生プログラミング教室(小4~6)
平成29年6~7月 東根市立東根中部小学校     パソコンクラブ(小4~6)
平成29年7月 東根職業訓練校 実践プログラミング塾 入門編・初級編( 小4~中3)
平成29年7月 河北町職業訓練校 実践プログラミング塾 入門編・初級編(小4~中3)
平成29年8月 酒田市教育研究所視聴覚研究部 夏季研修会

(予定)
平成29年9月 東根市立大森小学校  パソコンクラブ(小4~6)
       ※メンター(指導者)育成&実証も兼ねる
平成29年9月 東根市立東根小学校  パソコンクラブ (小4~6)
平成29年9月 東根市立第三中学校  全生徒 技術の授業 (中1~3)
平成29年秋以降 大人向けプログラミング塾(メンター発掘~育成)  




記事:NPO法人Yamagata1会員
齋藤博美(さいとうひろよし)

12:54 | コメント(0)
2017/08/01

(東根市)「実践プログラミング塾」が終了しました

Tweet ThisSend to Facebook | by:mokichi
Yamagata1 プログラミング

7/29(土)
東根職業訓練校様にて
「実践プログラミング塾」の企画・運営・講師を務めさせていただきました。

ビジュアルプログラミング言語でおなじみの「スクラッチ」を使ったゲームプログラミングです。



ゲーム・・・という言葉をあえて使っているのは・・・
ゲームが大好きな子供たちに、ゲームをするのも楽しいけれど、ゲームをつくる楽しさも知って欲しいという思いがあるためです。
 

また、大人・親目線としては、

プログラミングを通じて子供の能力を育みたい!
時代の流れを作れる人材を育成したい!
子供たちの可能性を引き出したい!

・・・という思いがあります。

今回は、いつものコースを「入門編」と位置づけ、バージョンアップした初級編も準備させていただきました。初級編ではシューティングゲーム作成を通じてより複雑なプログラミング&読解もしていただきました。


(入門編)
Yamagata1 プログラミング

(初級編)
Yamagata1 プログラミング
 
「ゲームを作る」というのは一見難しそうですが、いざやってみると意外と簡単だという事に、毎回、皆さん驚いてらっしゃいます。また、「論理的に考える楽しさを学べた」という感想も少なくありません。

「なるほど!」
「そうか!」
「そういうことか!」
「わかった!」
「動いたぁーーーー!!」
 
とても嬉しくなる瞬間です。

Yamagata1 プログラミング
 
中には、付き添いの方から「スクラッチは子供用と思っていたけど、プログラミング的思考の使い方はテキスト言語とまったく同じですね!」という、エンジニア目線の感想もいただけるときがあります。本当にありがたいです。
 
そうなんです!見た目がビジュアルなだけで、アルゴリズムの考え方は、C、VB、Java・・・等のプログラム言語となんら変わりません。
 
そんなプログラミングを小学生という年代から実践できる環境が出来たという事が凄いことなんですよね♪

Yamagata1 プログラミング

夏休み特別企画でしたが、子供たちはもちろん、付き添いの親御さんにも楽しんでいただけたようで本当に良かったです。

今後はゲーム以外の分野で、学校の勉強内容に合わせたプログラミングも進めて行くつもりです。
 
Yamagata1 プログラミング


さぁ、子供も大人も、レッツプログラミング!!


■実戦プログラミング塾
 主催:東根職業訓練校
 日時:2017年7月29日(土)
     入門コース 9:00~12:00
     初級コース 13:30~16:30
 場所:東根職業訓練校
 講師:齋藤博美(NPO法人Yamagata1会員、ダブルインフィニティコーディネート代表)
 講師サポート:高橋博子(NPO法人Yamagata1会員、CarvingSAWAN)


記事:NPO法人Yamagata1会員 齋藤博美(さいとうひろよし)

08:23 | コメント(0)
2017/07/05

(東根市)「実践プログラミング塾」を開催します:東根職業訓練校様

Tweet ThisSend to Facebook | by:mokichi
【東根職業訓練校様にて】

昨年大好評でした小中学生対象のプログラミング教室を「実践プログラミング塾」と名前を変えて今夏も開催いたします。
 
主催:東根職業訓練校
企画協力:NPO法人Yamagata1
 
詳しくは東根職業訓練校様のウェブサイトをご覧下さい。
http://www.hisho.ac.jp/

7/21(金)募集締切です。

Yamagata1 プログラミング
Yamagata1 プログラミング


NPO法人Yamagata1
会員
齋藤博美(さいとう ひろよし)

12:45 | コメント(0) | 連絡事項
2017/02/10

(東根市)「小学生ゲームプログラミング教室」の報告

Tweet ThisSend to Facebook | by:mokichi
こんにちは! NPO法人Yamagata1の齋藤です。

遅くなってしまいましたが、プログラミング教室の報告です。

平成29年度第1弾としまして、1/28(土)東根高等職業訓練校様にて開催された「小学生ゲームプログラミング教室」の講師をさせていただきました。

Yamagata1 プログラミング教室

以前のブログにも書かせていただきましたが、この講座は、テレビゲームの延長・・・ではなく、子供たちの想像力、創造力、論理思考力を育むことを主たる目的としています。

プログラミングはあくまでもそれを育む一つの手段としての位置づけです。

詳しくはコチラをご覧ください。
http://www.yamagata1.org/joi627wqt-83/#_83


さて、今回もゲームプログラミングをやらせて頂きました。
教える側にたっても、やっぱりプログラミングは楽しいですね♪

キャラクターを思い通りに動かせるだけでも皆さん感動されてます。
高校時代にゲーム作りにはじめてチャレンジしたとき、私も最初はそうでした♪


今回もたくさんの感想&リクエストを頂きました。

動いたぁ〜!

楽しい!

もっと難しいゲームを作ってみたい!

次回はいつなの??

もっとたくさん開催して欲しい! …などなど。

ありがとうございました。

Yamagata1 プログラミング教室 
Yamagata1 プログラミング教室

次回予定は現在検討中です。
また、今までの入門編に加えて、初級〜中級編の複数回コース開催も検討したい思いです。さらに、マインクラフトプログラミング講座や任天堂3DSプログラミング講座もやってみたいですね。

子供向けのみならず、大人向けも開催したいです。
子供や大人の皆様の新たな笑顔を求めて♪ 

大人も子ども楽しめるのが、このプログラミング教室なのですから!

今年もどんどんやりましょう。
どうぞ、よろしくお願いいたします!!

Yamagata1 プログラミング教室

NPO法人Yamagata1 齋藤博美(さいとうひろよし)

16:25 | コメント(0) | 報告事項
2017/01/18

第6回「わくわくテレワーキング塾」を開催しました(1/16)

Tweet ThisSend to Facebook | by:mokichi
2017年、平成29年の年が明けました。

昨年は大変お世話になりました。本年もよろしくお願いいたします。

さて、新年になって初の投稿となりますが、
1月16日(月) 第6回 「わくわくテレワーキング塾」 
を開催させていただきました。

Yamagata1 わくわくテレワーキング塾

わくわくテレワーキング塾も、昨年8月からスタートして今回で6回目になりました。
前回からいよいよ実際にパソコンとインターネットを使っての実践コースに突入しています。

しかも、この日は大寒波襲来によって、東根市内も例外なく、大雪に見舞われました。
そんな中でお集まりいただいた参加者の皆様、ありがとうございました!!

さて、今回も、クラウドソーシングを使って仕事に応募する方法について説明させていただきました。
そして、実際にクラウドソーシング大手の「ランサーズ」に登録していただきました。


とはいえ、ご自身でインターネットを使用して仕事を進めて行くのはとても不安ではないでしょうか?


仕事を受注する・・・

依頼主とメールでコミュニケーションを取りながら仕事を進める・・・

納品する
・・・

報酬は本当にいただけるのだろうか
・・・

さらに、万が一何かあったときは誰に相談すればいいのだろう??
そんな不安が常に付きまといます。
また、実作業以外にも、クライアント様とのコミュニケーションも含めて、たくさんの作業が発生します。


実は、この「わくわくテレワーキング塾」は、そのような不安を解消できる場としてもご利用いただければとも思っています。


そういう場があるからこそ安心して仕事を受注することができる。
安心して仕事を進めることができる。
何かあったら相談できる!

そういう場があってこそ、はじめの一歩を踏み出せるのではないかと考えております。


さて、次回は下記日時で開催します。
今回と同じように「ランサーズ」を使って、いろんな仕事を探し、可能な方は実際に受注もしてみたいと思います。

■2月6日(月) 13:00~14:30 ※場合によって15:00付近まで延長する場合もあります。

■テーマ
 ~新しい働き方を実践する~
 インターネットを通じて仕事をしてみよう

■場所  野守の宿(壽屋寿香蔵さんに隣接:東根市)
 ※壽屋さんの店内を通って来れます。

■参加料 1000円/回(資料代)

■お申し込み方法
 電 話   0237-48-8066
 メール   hiroyoshi@yamagata1.org
     ※参加日、氏名、電話番号をお知らせください
 申し込み専用画面 
https://ssl.form-mailer.jp/fms/ab2f61c6455977 

■チラシ
http://www.yamagata1.jp/files/20160820212439.pdf


初参加の方も大歓迎です!!
興味ある方は、お茶飲みに行くような感覚で、どうぞお気軽に連絡ください。

実際に作業を進目てみたい方はパソコンをご持参ください。
持参できるパソコンがない場合はその旨相談ください。
季節柄、大変寒いです。防寒対策を万全にお願いします。


今回は、受講の様子を撮影することが出来ませんでした。大変申し訳ございません。
大寒波の影響を受け、真っ白に染まった野守の宿の雰囲気だけでもお楽しみいただければ幸いです。


Yamagata1 わくわくテレワーキング塾

Yamagata1 わくわくテレワーキング塾 Yamagata1 わくわくテレワーキング塾


NPO法人Yamagata1 齋藤博美(さいとうひろよし)


11:23 | コメント(0)
2016/12/24

(東根市)「小学生ゲームプログラミング教室」が終了しました

Tweet ThisSend to Facebook | by:mokichi
12/23(金・祝)、河北高等技能専門校において「小学生ゲームプログラミング教室」を開催し、その講師をさせていただきました。

この講座は、テレビゲームの延長・・・ではなく、子供たちの想像力、創造力、論理思考力を育むことを主たる目的としています。
プログラミングはあくまでもそれを育む一つの手段としての位置づけです。

Yamagata1 プログラミング教室


実は、この講座を始めたきっかけは3つあります。

1.子供たちにゲームを作る楽しさを知って欲しい
子供時代、私はゲーマーでした。ちょうど中学生の時に任天堂ファミリーコンピューターが発売され、ゲームにずっぽりはまったのは言うまでもありません。でも途中から「こうやったらもっと面白いのに」と思うようになりました。そして高校生の時は自分でゲーム作りをしました。キャラクターが思った通りに動いただけでも感動したことを今でも覚えています。

これは子供目線です。

2.子供たちの「創造力(クリエイティブ)」「想像力(イマジネーション)」「論理思考力(ロジカルシンキング)」を育みたい
どのように動いてほしいのかをしっかり「想像」し、そして、どうすれば思った通りに動かせるかを「思考」します。いくつもの試行をを繰り返しながらイメージを具現化していく過程において、様々なことを論理的に考え、イメージと現実のギャップを調整していく創造力を小学生から育てたいと思うようになりました。そして、子供たちの可能性を引き出し、将来的には、時代の流れを作れる人材を育成したい。願わくは、山形からそういうクリエイターをどんどん輩出していきたいと考えています。

これは大人目線。どちらかというと、親目線です。

3.近年中に義務化されるプログラミング教育への試行導入
ご存知の方も多いと思いますが、近年中に、小・中・高校生向けにプログラミング教育が義務化される流れにあります。どのような教育になるのか、その詳細はまだはっきりしていないかもしれません。しかし、突然「プログラミングするよ!」と言われても困るのではないかと思うのです。そこで、プログラミングがどういうものなのかを少しでも早く触れさせたいと考えました。自分の経験も踏まえて、みんな大好きな「ゲーム」を題材にしました。

これは、教育者目線です。


これらの理由から、小学生ゲームプログラミング教室の開催を各所に提案し、講師として教壇に立たせていただいております。



さて、前置きが長くなりましたが、早速、ゲームプログラミング開始です。

今回作っていただいたのは、制限時間内に画面右から左に向かって流れてくるライオンを避けながら、リンゴを取っていくゲームです。

リンゴを取れば+10点。
ライオンに当たれば-10点です。

Yamagata1 プログラミング教室

Yamagata1 プログラミング教室


今回も使用させていただいたのは、パズルゲーム感覚でプログラミングを学ぶことができる「スクラッチ」です。

まず初めに、プログラミングとは何かを説明させていただきました。
次に、実際に
スクラッチを起動して、その使い方を覚えていただきました。

さぁ、いよいよプログラミングです!!

ゲームの始まりと終わりを決め、キャラクターを決め、キャラクターの動きを決め、当たり判定とその時の動作を決めました。

そして、キャラクターごとにプログラミングを進めました。


自分のキャラクタを上下左右に動かすにはどのように考えればいいのか・・・

リンゴをいろんな場所から表示するための方法は・・・

リンゴとライオンのプログラムの違いは・・・

当たり判定はどうすればよいか・・・



いきなり答えを出さずに、一旦みんなに考えてもらいます。



「どうすれば良いと思う?」

すると、

「こうすればいい!!」

という元気な声が返ってきます。


私:「よし、じゃぁ試してみよう!!」

子供たち:「やったー、動いたー!!」


この繰り返しです。


キャラクターを動かせるようになっただけでも「おぉ~!」という歓声があがりました。

子供たちの目がキラキラしています。
でもよく見ると、子供のみならず、付き添いの親御様の目もキラキラしている方がたくさんいらっしゃいます。


Yamagata1 プログラミング教室


また、テキストから逸れて「こうしてもいいですか?」という声も殺到。

作ったプログラムを持ち帰られる方もたくさんおり、おかげさまでとても盛り上がりました。

子供たちの笑顔がとても印象的でした。

また、親御様からは

「親子共々、一緒に過ごすことが出来ました。自分で考え、色々なものを作る楽しみ、喜びが味わえたことが良かった」

「パソコンの奥深さを学んだ」

「子供が色々興味を持って育っていける機会だった」

「今後も続けてほしい」



との感想を頂きました。


Yamagata1 プログラミング教室


さて、来月は東根職業訓練校が主催となり、小学生の部、中学生の部が開催される予定です。
中学生の部は初開催です。


とても楽しみです。

Yamagata1 プログラミング教室


小学生ゲームプログラミング教室
 主催:河北高等技能専門校
 日時:12/23(金・祝) 13時~16時
 場所:
河北高等技能専門校
 講師:NPO法人Yamagata1 齋藤博美
 講師サポート:NPO法人Yamagata1 理事 伊勢博


記事:NPO法人Yamagata1 齋藤博美(さいとうひろよし)


10:03 | コメント(0)
2016/12/13

第5回「わくわくテレワーキング塾」を開催しました(12/12)

Tweet ThisSend to Facebook | by:mokichi
12月12日(月) 第5回 「わくわくテレワーキング塾」 を開催させていただきました。


Yamagata1 わくわくテレワーキング塾風邪の影響もあり欠席の方続出ではありましたが、今回より、いよいよ実践編をスタートしました。

今回のお仕事は、「ネーミング募集案件への提案」です。参加者の皆さんにはパソコンを持参いただき、クラウドソーシングを使って実際に仕事に応募しました。

まずはランサーズへの登録方法。メールアドレスさえあれば誰にでも簡単に登録できます。

次に、仕事の進め方や報酬の受け取り方。

さらに、ちょっとした注意点などの説明をさせていただきました。そして、実際にネーミング募集の仕事に応募しました。単にネーミングだけを提案するのではなく、挨拶や提案の方法も含めて実践していただきました。


Yamagata1 わくわくテレワーキング塾1時間半程度の時間ですが、この時間だけでも実際に仕事に応募することが出来ます。

そして、採用されれば報酬を頂けるのです。

今回はネーミング募集と言うことで採用可否によって報酬が左右されることになりますが、このように、自分のやりたい事、得意な事などを仕事に繋げることが出来ることを知っていただけたようで、嬉しかったです。

正規雇用が難しい場合でも、自分がやりたいことやできることを再認識して、時間の使い方をちょっと変えるだけで、収入に繋げることができる働き方。これが、テレワークという働き方でもあり、それをより多くの方に知っていただきたいと思って始めたのが、この「わくわくテレワーキング塾」です。次回も、クラウドソーシングを使っていろんな仕事にチャレンジしてみたいと思います。


Yamagata1 わくわくテレワーキング塾


【次回】

 1月16日(月)13時~14時半
 ~新しい働き方を実践する~
 インターネットを通じて仕事をしてみよう

 ※パソコン持参でお願いします。準備が難しい方はご相談ください。
 ※Wi-Fi(インターネット接続環境)はこちらで準備します。


インターネットやパソコンを使って仕事が出来る今の時代。
育児や介護で会社務めが無理な方でも場所や時間にとらわれない自分らしい働き方を見つける事ができます。
これがテレワークという働き方。

さぁ、今こそ自分の生活スタイルにあった新しいワークライフバランス(仕事と生活の両立)を見つけてみませんか?



Yamagata1 わくわくテレワーキング塾
Yamagata1 わくわくテレワーキング塾
Yamagata1 わくわくテレワーキング塾




NPO法人Yamagata1 齋藤博美(さいとうひろよし)

16:51 | コメント(0)
2016/11/22

第4回「わくわくテレワーキング塾」を開催しました(11/21)

Tweet ThisSend to Facebook | by:mokichi
11月21日(月)に、第4回「わくわくテレワーキング塾」を開催させていただきました。

Yamagata1 わくわくテレワーキング塾

今回は、基礎コースの最終回。

「将来のビジョンを明確にする」と題して、これまで学んだことを振り返り、
興味を持った仕事をイメージしつつ、実際にできそうな仕事を具体的に検討してみることで、
新しい働き方によって自分の生活がどのように変わるかを皆さんと一緒に考えてみました。

やりたい事と出来ることは違います。

また、今お持ちのスキルで出来ること、今のスキルではできないけれど少し勉強すれば出来ることもあります。
さらに、生活リズムの中で実際にどれくらい時間が取れるのかを考えることも大事です。


その中で、自分が出来る新しい働き方を具体的にイメージし、「明日から出来ることは何か」を考えていただきました。

皆さん、自分自身が持つ、秘めたるチャンスにお気づき頂けたようで嬉しいです。


さて、次回(12/12)からはいよいよ実践コースです。

12月12日(月)13時~14時半
 ~新しい働き方を実践する~
 テレワークが可能な組織に登録して仕事をしてみよう

クラウドソーシングを使って、実際にインターネット上で仕事をしてみたいと思っています。

お楽しみに!!


※当初12/5(月)の予定でしたが、当方の準備等の都合により予定を変更させていただきました。ご了承いただければ幸いです。

NPO法人Yamagata1 齋藤博美(さいとうひろよし)

13:32 | コメント(0)
2016/11/15

11/21(月) 第4回「わくわくテレワーキング塾」を開催します

Tweet ThisSend to Facebook | by:mokichi
こんにちは。
NPO法人Yamagata1の齋藤 博美(さいとうひろよし)です。
 
11/21(月)に、第4回 「わくわくテレワーキング塾」を開催します

今回のテーマは
新しい働き方がもたらす
ワークライフバランスとは?
 ~将来のビジョンを明確にする~です。

内容は下記の通りです。
  • これまで学んだことを振り返ってみよう
  • 興味を持った仕事を考えてみよう
  • 実際にできそうな仕事を考えてみよう
  • 新しい働き方によって自分の生活がどのように変わるかを考えてみよう

さぁ、いまこそ、場所や時間にとらわれない自分らしい働き方を見つけてみませんか?


※チラシはこちら-> http://www.yamagata1.jp/files/20160820212439.pdf

お申し込みは、お電話、メール、申し込み専用フォームからお願いします。
第4回目以降のお申し込みも受け付けております。

第4回 「わくわくテレワーキング塾」

定 員  6名(先着順)
参加料  1000円(資料代)
場 所  野守の宿 ※壽屋寿香蔵に隣接(山形県東根市)
     http://akanehime.com/?mode=f27

主 催  特定非営利活動法人Yamagata1(ヤマガタワン)
電 話    0237-48-8066  月~金 9:00~17:00
メール   hiroyoshi@yamagata1.org  ※参加日、氏名、電話番号をお知らせください
申込専用フォーム  https://ssl.form-mailer.jp/fms/ab2f61c6455977
ホームページ      http://www.yamagata1.jp


※なお、第5回目の予定が変更になりました。

12/5(月) ⇒ 12/12(月)


ご迷惑をおかけして大変申し訳ありませんが、どうぞよろしくお願い致します。


NPO法人Yamagata1 齋藤博美(さいとうひろよし)

13:38 | コメント(0)
2016/10/04

第3回「わくわくテレワーキング塾」を開催しました(10/3)

Tweet ThisSend to Facebook | by:mokichi
10月3日(月)に、第3回「わくわくテレワーキング塾」を開催させていただきました。

今回は、「インターネットでできる仕事を学ぶ」と題して、クラウドソーシングに代表されるサービスの中からクラウドワークスを選択して、その登録方法や受注画面の見方、応募方法や注意点などを細かくお話させて頂きました。

Yamagata1 わくわくテレワーキング塾

会場にさせて頂いている「野守の宿」さんですが、最近カフェも始められまして、今回は参加者の皆さんにそれぞれお好きな飲み物をプレゼントさせて頂きました♪

とっても素敵な和の空間で、コーヒーなど好きなドリンクを飲みながらインターネットを使った今風な働き方を考える…このギャップがたまりません!

Yamagata1 わくわくテレワーキング塾 野守カフェ Yamagata1 わくわくテレワーキング塾 野守カフェ 
Yamagata1 わくわくテレワーキング塾 野守カフェ Yamagata1 わくわくテレワーキング塾 野守カフェ

さて、インターネット上には仕事が溢れています。このクラウドソーシングを活用してテレワークを進めることで、今までにはない自分の仕事のスタイルを確立することは実際に可能です。

しかし、その反面、相手の顔が見えない状況で仕事を受注する…この作業は、得体のしれない不安にかられる勇気ある第一歩を踏み出すことでもあります。
実際に収入につなげるためには、この不安を取り除かなければなりません。

そのためには何よりもクラウドソーシングの特徴をよく「知る」ことです。

クラウドソーシングで仕事を進めるメリットや注意点を良く理解しつつ、活用できるところは大いに活用していく…
これが、新しい働き方を見つけて、実際に身に付けていく重要な考え方のポイントであることを、私の体験談をもとにお話させていただきました。

なお、これは、昨年11月(平成27年)に、東北芸術工科大学様で行われたテレワーク月間イベント内で
「クラウドソーシングを使おう」と題してお話させていただいたことでもあります。

Yamagata1 わくわくテレワーキング塾 野守カフェ

これらを踏まえて、クラウドワークスへの登録方法、仕事の探し方、仕事内容の確認方法や注意点などなど、時間いっぱいお話させていただきました。

今回もみなさんにとても興味を持って頂けたようで、熱心に聞いて頂けたのが印象的です。
実際にクラウドワークスに登録して仕事を探してみたいと大半の方がおっしゃっていました。


Yamagata1 わくわくテレワーキング塾 野守カフェ


さて、次回は、

11月21日(月)13時~14時半
 ~将来のビジョンを明確にする~
 新しい働き方がもたらすワークライフバランスとは?

と題しまして、これまでの三回の総集編として、実際にご自身でできる仕事を分析してみたいと思います。

そしていよいよ12月からは実践編に移ります。
パソコン持ち込んで皆さんにテレワークを体験していただきます。
体験もでき、やろうと思えばすぐにでも実行に移せるサポート付きなのが、この、わくわくテレワーキング塾の大きな特徴なのです。


(参加頂いた方の感想)
  • 子供と自分の両親・姑の事を考えると常に働くのは無理なので、パソコンを使って自宅で仕事ができるようになればよいと思って参加した。ITのスキルアップが不可欠であることがわかった。キーボードやエクセル・ワードの練習をしていきたい。
  • 前回参加させていただき、インターネットで出来るのはどんな仕事があるのかなと思いました。クラウドワークスに登録してみようと思います。
  • 在宅ワークに興味がありましたが悪質業者もあるので学んでから登録してみようと思い参加しました。クラウドワークスというのを初めて知ったので勉強になりました。
  • 自宅で仕事ができるようになること、自分に合った仕事は何かを知るために参加しました。登録から受注までの一通りと、仕事の種類を学べました。ITのスキルアップが必要。
  • クラウドソーシングサイトに登録しているものの、実際に仕事に応募するうえでいろいろと不安が多いので、ここで学んでいきたいと思った。実際に受注の仕方、流れを聞けたことが一番良かったです。自分だけだったら受注画面の落とし穴が分からなかったと思うのでとても勉強になりました。

NPO法人Yamagata1 齋藤博美(さいとうひろよし)

11:06 | コメント(0)
2016/09/14

第2回「わくわくテレワーキング塾」を開催しました(9/12)

Tweet ThisSend to Facebook | by:mokichi

9月12日(月)に、第2回「わくわくテレワーキング塾」を開催させていただきました。

今回は、「AISOHO(アイソーホー)企業組合」http://www.aisoho.jp/)から専務理事の海谷美樹様を講師にお迎えして、企業や仕事の内容などを事細かくお話しいただきました。

さらに今回は、山形県企画振興部情報企画課、情報企画担当の主事である、石井達也様にもご出席いただきました。ありがとうございました。

NPO yamagata1 わくわくテレワーキング塾


さて、AISOHOO企業組合様は、SOHO、在宅ワーク の任意団体から法人化して今年で10年目にあたります。登録されている在宅ワーカーの方々と一緒に、ホームページ制作、音声起こし(テープ起こし)、 データ入力、映像制作、マーケティング業務を行ってらっしゃいます。

最初は主婦の皆様のお茶のみ会から始まった…という話をお伺いし、正直驚きました。と、同時に、10年前から既にこのような取り組みをなさってらっしゃる方々がこんなに身近にいたことにも驚きました。

また、単に仕事を進めるだけではなく、未知の分野にチャレンジしてみたい! もう少し自分の技術をレベルアップさせたい! …という目標を叶えるために、「AIスキルアッププロジェクト」も提供されています。

ここでは、オンライン(音声付き動画)で、時間や場所にとらわれず、自分のリズムで必要な技術を学ぶことが出来ます。

講習に通っている時間がない、インターネットや書籍で独学してもなかなかわからない、身に付かない、実践の場もない…そんな風にお困りの方には最適ですね。さらに、スキルアップも出来てそのまま仕事にも結び付けることができるんですから、なんて効果的なんでしょう♪

NPO yamagata1 わくわくテレワーキング塾


今回は、ほんわかした雰囲気の中にも芯の通った力強いお話を海谷さんからお聞かせいただくことができ、参加者の皆さんも「目からウロコ」状態だったようです。

海谷美樹さん、貴重なお話を頂戴しまして本当にありがとうございました。

NPO yamagata1 わくわくテレワーキング塾


さて次回は、
10/3(月) 13:00~14:30
「インターネットでできる仕事を知ろう」


野守の宿(寿屋さん隣接)の寺子屋風な「和」の空間に包まれながら、美味しいコーヒーや紅茶を飲みながら、インターネットやパソコンを使った今風の働き方を、あなたも見つけてみませんか?

NPO yamagata1 わくわくテレワーキング塾


(参加頂いた方の感想)
  • 在宅ワークは顔の見えないものだと思っていたので、実際に面接等を行って会員登録するというのがあると知りました。スキルアッププロジェクトを実際に調べてみようと思います。
  • Web制作等はトライするのに気が重かったが、講座があったりするので試しに見てみて、Web講座をしてみたいと思います。
  • 在宅ワークと聞いたことがありましたがまったく知識がなかったため今回は全体的なものを知りたかった。概要を学ぶことが出来ました。大変勉強になりました。
  • 具体的に詳しく話を聞けて良かった。(登録の流れ、仕事の内容の割合など)実際に働いている方のお話を聞けたことが良かった。まずはAISOHOさんのホームページを見てみます。
  • 自分の能力を少しでも向上させてみたいと思って参加しました。技能アップのWebも始めたとの事で大変良かった。HTMLを勉強したい。
  • 自宅で出来る仕事とは具体的に何があるか知りたくて参加しました。AISOHOさんの企業の内容、登録方法、具体的な仕事の種類を学べました。

NPO法人Yamagata1 齋藤博美(さいとうひろよし)

09:41 | コメント(0) | 報告事項
2016/09/02

第2回「わくわくテレワーキング塾」を開催します 9/12(月)

Tweet ThisSend to Facebook | by:mokichi
こんにちは。
NPO法人Yamagata1の齋藤 博美(さいとうひろよし)です。
 
9/12(月) 第2回「わくわくテレワーキング塾」を開催します

今回のテーマは「テレワークで出来る仕事を知ろう~新しい働き方を考える~」です。

内容は下記の通りです。
  • テレワークで働く事例の紹介
  • テレワークで働く事例紹介
  • テレワークで実際に出来る仕事とは?
    音声起こし(テープ起こし)、パソコン指導・講座講師、映像制作、データ入力、執筆・編集、マーケティング、ホームページ製作

さぁ、いまこそ、場所や時間にとらわれない自分らしい働き方を見つけてみませんか?


※チラシはこちら-> http://www.yamagata1.jp/files/20160820212439.pdf

お申し込みは、お電話、メール、申し込み専用フォームからお願いします。
第三回目以降のお申し込みも受け付けております。


第2回 「わくわくテレワーキング塾」

定 員  6名(先着順)
参加料  1000円(資料代)
場 所  野守の宿 ※壽屋寿香蔵に隣接(山形県東根市)
     http://akanehime.com/?mode=f27

主 催  特定非営利活動法人Yamagata1(ヤマガタワン)
電 話    0237-48-8066  月~金 9:00~17:00
メール   hiroyoshi@yamagata1.org  ※参加日、氏名、電話番号をお知らせください
申込専用フォーム  https://ssl.form-mailer.jp/fms/ab2f61c6455977
ホームページ      http://www.yamagata1.jp

わくわくテレワーキング塾開催プログラム
わくわくテレワーキング塾開催プログラム

NPO法人Yamagata1 齋藤博美(さいとうひろよし)

12:00 | コメント(0) | 連絡事項
2016/09/01

東根小学校でスクラッチプログラミング教室を開催しました

Tweet ThisSend to Facebook | by:mokichi
こんにちは。
NPO法人Yamagata1の齋藤 博美(さいとうひろよし)です。
 
8/31(水)に東根市立東根小学校パソコンクラブにて
「スクラッチプログラミング教室」を開催させていただきました。
 
今回は「レースゲームを作ろう!」です。

yamagata1東根小学校スクラッチプログラミング教室
 
自分が操る「車」を上下左右に動かしながら、右から飛んでくる「リンゴ」をよけていくゲーム。
うまくよければ+10点、リンゴにぶつかると-10点という、設定です。もちろん、リンゴはゲームごとにランダムな場所から飛んできます。大きさもランダムです。
リンゴは合計10個飛んできます。最高得点は100点です。

yamagata1東根小学校スクラッチプログラミング教室

ところで、キャラクターを動かすためには「座標」という概念が必要になります。
正直申しますと、「小学4~6年生に理解できるだろうか?」という不安がありましたが何のその。
 
x軸、y軸の説明もすんなんり理解いただけましたし、数値をどのように変化させるとキャラクターを思い通りに動かせるのかも理解いただけました。
 
上下の動きについてのプログラミングをしただけで、
「じゃぁ、左右に動かすにはこうすればいいんでしょ!」
と説明せずともやってのける力・・・

yamagata1東根小学校スクラッチプログラミング教室
 
先日の東根高等職業訓練校でのプログラミング教室同様、子供たちの、想像力思考力、そしてプログラミング力には感心するばかりです。
 
そして、みんなの笑顔がたまりません!!
 
今回は、キャラクターの操作まで完了しました。
 
パソコンクラブは残り3回。
9月の1回、10月の1回目で全てのプログラミングを完了させます。
そして、自宅のパソコンからでも見れる方法を選択しているので、実際に自分が作ったプログラムを家族みんなで楽しむことも出来ます。
 
そして、10月の2回目は今回のプログラミングの思い出をもとにカレンダーを作って終了。
 
このような予定で進めさせていただいております。


NPO法人Yamagata1 齋藤博美(さいとうひろよし)

yamagata1東根小学校スクラッチプログラミング教室



東根市立東根小学校パソコンクラブ 「プログラミング講座」

期  日  平成28年8月31日(水) 14:55~15:55
会  場  山形県東根市立東根小学校
対  象  山形県東根市立東根小学校 パソコンクラブ所属 小学生4~6年生(13名)
主  催  山形県東根市立東根小学校
支  援  NPO法人Yamagata1
講  師  齋藤博美(NPO法人Yamagata1
サポート    伊勢博NPO法人Yamagata1理事) 、 高橋博子NPO法人Yamagata1

以上

10:14 | コメント(0) | 報告事項
2016/08/23

第1回「わくわくテレワーキング塾」を開催いたしました

Tweet ThisSend to Facebook | by:mokichi
8月22日(月)、第1回 「わくわくテレワーキング塾」を開催させていただきました。

わくわくテレワーキング塾

今回は、テレワークという働き方について、自分の経験談も含めてお話させていただきました。

テレワークという働き方は、実はまったく新しいものではありません。
例えば「内職」として部品のはめ込み、衣料の仕立て…など実際にモノを作るサポートをする仕事もあります。母も以前、編み機を使った内職をしており、私も小さいころからその姿を見ていました。

でも今は、インターネットやパソコンというICTのインフラ(環境)が整備されています。それによって、これまでとは全く異なる働き方が注目されてきているのです。
 
在宅ワーク、リモートワークとも呼ばれていますが、それらを総称して「テレワーク」と呼ぶようになってきたのが最近の動向です。
 
おかげさまで、参加頂いたみなさんにもとても喜んでいただきました。
ありがとうございました。

次回は、
9/12(月) 13:00~14:30
「テレワークで出来る仕事を知ろう」

野守の宿(寿屋さん隣接)の寺子屋風な「和」の空間に包まれながら、ICTの最新技術を使った最新の働き方を、あなたも見つけてみませんか?


(参加頂いた方の感想)
  • 仕事の種類、クラウドワークスの特徴を学べた。ご自分が体験なさったことを交えて話して下さったのでわかりやすかった。1つ1つていねいに教えて頂いた。
  • テレワーキングでの仕事の探し方、種類など、どのように仕事をさがすかがわかった
  • 思った以上に仕事の巾があり選択が多いと思いました。トレーニングシートによって自分をふり返るきっかけとなった。
  • インターネット(パソコン)での在宅ワークの方法がわかった。
  • テレワークの意味がなんとなくわかって来た。
  • いろいろな家庭事情をふまえ努力している人がおおぜいいる事がわかった。
 
 NPO法人Yamagata1 齋藤博美(さいとうひろよし)

野守の宿

テーマ   「わくわくテレワーキング塾」
      第一回 どんな働き方ができるの?~テレワークの働き方を知る~

概  要  
  • テレワークという働き方
  • 自分のライフスタイルの分析(家事・育児・介護・仕事)
  • テレワークの組織に登録して仕事を行う方法
  • インターネットを通じて仕事を行う方法(クラウドソーシング)
期  日  平成28年8月22日(月) 13:00~14:30
会  場  野守の宿(壽屋寿香蔵さんに隣接)
対  象  場所や時間にとらわれない自分らしい働き方を見つけたい方なら誰でも
主  催  NPO法人Yamagata1
講  師  齋藤博美(NPO法人Yamagata1所属、日本テレワーク学会員)
サポート   伊勢博(NPO法人Yamagata1理事)



09:49 | コメント(0) | 報告事項
2016/08/17

小学生プログラミング教室を開催いたしました(報告)

Tweet ThisSend to Facebook | by:mokichi

平成28年8月6日(土)、東根高等職業訓練校にてプログラミング言語「スクラッチ」で学ぶ「小学生プログラミング教室」が開催され、当会員の齋藤博美(さいとうひろよし)が講師を勤めましたので報告いたします。


小学生プログラミング教室写真 NPO法人Yamagata1

<講師からのコメント>
 
想像した以上に小学生想像力創造力、そして論理思考能力は素晴らしいですね!私たち大人の想像をはるかに超える作品ができていました。


 中には、動きを見せただけでプログラムを解析し始める子まで出てきて驚きました。
遊ぶ楽しみも大事ですけど、作る楽しみも感じて頂いたようで何よりです♪

 この年代からプログラミングを教えて、みんなの潜在能力を引き出してあげたら、将来の日本はどんな風になるのでしょうね?

すごく楽しみで、すごく心強く感じました。

小学生プログラミング教室写真 NPO法人Yamagata1
プログラミング言語【Scratch(スクラッチ)】の操作画面


さらに、付き添いをお願いしたご家族の方にも一緒にプログラミングしていただきましたが、大人の方もすごく楽しんで頂いたようです。

もう一つの発見がこれ!「
プログラミングは大人も楽しめる‼️」


子供たちのみならず付き添いの方にもアンケートを取らせて頂いた結果、
なんと
満足度100%を頂戴しました!!

本当に、ありがたいことです。


夏休みのお忙しい中、お時間とっていただき、皆さん本当にありがとうございました

そして今後は定期的な開催も検討したいと考えております。

また、今回と同じプログラミング入門編のみならず、実際にゲームを作る応用編も用意出来ればとも考えております。

今後ともどうぞよろしくお願い致します。

さあ、子供も大人も、レッツ プログラミング♪


小学生プログラミング教室 NPO法人Yamagata1


【開催概要(講座は終了しました)

小学生プログラミング教室

日時: 平成28年8月6日(土)13:00~16:00


講座内容: 
スクラッチプログラミング(基礎、プログラミング~動作確認)

<会場> 東根高等職業訓練校
<主催> 東根高等職業訓練校
<講座企画> NPO法人Yamagata1


【講師】齋藤博美(さいとうひろよし)

NPO法人Yamagata1 会員

【補助講師】伊勢 博

NPO法人Yamagata1 会員

   


16:40 | コメント(0) | 報告事項
2016/01/17

ドローン講座を開催いたしました(報告)

Tweet ThisSend to Facebook | by:y1.ise
最近話題になっているドローン。
 無人航空機(ドローン・ラジコン機等)の飛行ルール  平成27年9月に航空法の一部が改正され、平成27年12月10日からドローンやラジコン機等の無人航空機の飛行ルールが新たに導入されました。

 いざ始めようとすると、どんなドローンを購入したらいいのか? どこで飛ばせるのか? 危ないのでは? 等々疑問がわいてきます。
 そんな方々の為にNPO法人Yamagata1で初心者向けの講座を企画開催いたしました。








[開催概要](講座は終了しました)
初心者向けドローン講座
日時: 平成28年1月16日(土)13:30~15:30
<講座内容:>
講義: ドローンの現状、飛行ルール、注意すること、操縦方法
実演: デモ飛行(室内での飛行になります)
<会場> 東根高等職業訓練校
<主催> 東根高等職業訓練校
<講座企画> NPO法人Yamagata1



3月に「初心者向けドローン講座」を開催予定です。 
詳細が決まりましたら、ホームページでお知らせいたします。
21:11 | コメント(0) | 報告事項
2015/11/10

「地域貢献青年育成セミナー」にて

Tweet ThisSend to Facebook | by:kaiya
 平成27年11月7日(土)、天童市の山形県青年の家主催で開催された「平成27年度青年交流事業 地域貢献青年育成セミナー」。
 1泊2日のセミナーの中で、1時間程度「企画書作成時に心がけるべきこと」についての講義を担当し、お話をさせていただきました。

 参加者は、高校生から一般までの比較的若い年代の方々。企画書が必要になるシチュエーションとして特に地域活動に焦点を当て、企画書のしくみ、助成金について、申請するときの要点などをお話ししまた。

 若い世代にそのような話を直接するということはあまりないので、私にとっても貴重な機会でした。主催、参加者の皆様、楽しい時間をありがとうございました!

事務局 海谷美樹

  

平成27年度青年交流事業「地域貢献青年育成セミナー」

期  日  平成27年11月7日(土)~11月8日(日)
会  場  山形県青年の家
対  象  県内在住の高校生、大学生、青年 等
主  催  山形県教育委員会(山形県青年の家)

講義「企画書作成時に心がけるべきこと」(18:30~19:30)
         講師 Yamagata1事務局長 海谷 美樹

21:19 | コメント(0)
2015/11/01

「活動の10年」パネラーとして参加しました

Tweet ThisSend to Facebook | by:kaiya
平成27年10月24日、地域力共創推進コンソーシアム10周年記念地域力共創フォーラムの第一部「地域力共創推進コンソーシアムの活動の10年」が山形県産業創造支援センター1Fマルチメディアホールで開催され、弊団体の事務局長海谷美樹がパネラーとして登壇しました。

毎月1回をベースに開催されてきた「One Coin 地域力カフェ」などの活動報告、経営デザイン研究所代表 川村志厚氏による基調講演が行われた後、パネラー5名が各々の活動紹介や地域活動のコツなどを語りました。


「地域力共創推進コンソーシアムの活動の10年」
日時:平成27年10月24日(土) 13:30~16:30
会場:山形県産業創造支援センター1Fマルチメディアホール
主催:地域力共創推進コンソーシアム

11:35 | コメント(0) | 報告事項
2013/07/05

つながろうNETリニューアル

Tweet ThisSend to Facebook | by:kaiya

山形県に避難されている方のための情報サイト「つながろうNET」のデザインが
リニューアルされました!
http://tsunagarou.net/


復興ボランティア支援センターやまがたが発行するフリーペーパー「うぇるかむ」の情報をすべてご覧いただけるだけでなく、避難されている方におすすめのイベントや情報が盛りだくさんです。
また、うぇるかむとつながろうNETを運営しているスタッフのブログは、日々の活動のことからプライベートまで、さまざまです(笑)。
23:28 | コメント(0)
2013/01/29

Y1ポリシー

Tweet ThisSend to Facebook | by:kaiya
 先日、福島大学の学生さんが、震災支援活動を継続しているNPOにヒアリングをしたい~というのでお受けし、当団体のこと、これまでの経緯などをお話しました。
 もともと災害支援に関してはほとんど素人で、ノウハウも何もないままに情報支援を中心とした「私たちにできること」をしてきただけですが、いろんな分野でのプロフェッショナルが集まることで支援が充実することを体感することもできました。
 情報面の活動も必要ですし、体力に自信のある人、福祉に特化した人、書類書きが得意な人、コミュニケーションが好きな人、おいしい食べ物を用意できる人・・・どれもその場その場で必要な人財。日頃のネットワーク、派閥を作らないオープンな関係が、震災時には大きな力になるんだと思います。

Y1(Yamagata1)でかなり前に作った、ポスターセッション用のポスターの一部分。

ポスター画像

 Y1ポリシーはこれからも形を変えずに続いていきます(^ ^)
11:31 | コメント(0)
2012/09/10

まじゃ~れ オフ会 開催!

Tweet ThisSend to Facebook | by:kaiya
9月8日は、かなり久しぶりの「まじゃ~れ オフ会」が開催されました。
「山形の地域LNS(ローカルネットワークサイト)まじゃ~れ」は、2006年に開設し、以来特に予算もない中で(コストも最小限に抑えながら)、のんのんと気楽に運営を続けています。
22:35 | コメント(0)
2012/09/10

公益大賞プレゼンテーション

Tweet ThisSend to Facebook | by:kaiya
山形県で毎年1回開催される、「やまがた公益大賞」プレゼンテーションには、なんだかんだとほぼ毎年顔を出しているような気がします。ある時はNPO推進委員として審査員となり、またある時はプレゼンテーションのようすを撮影してWEB公開したり。(平成20年度版を現在も公開しています http://www.yamagata1.jp/992.html )
今年は昨年に引き続き、審査員として参加することになりました。毎年ながら公益活動というのは優劣がつけ難しく、大変悩ませられます。
21:37 | コメント(0)
2012/08/24

広域避難者支援ミーティング in 山形に参加してきました

Tweet ThisSend to Facebook | by:kaiya
広域避難者支援ミーティング in 山形
東日本大震災支援全国ネットワーク(JCN)様が主催する「広域避難者支援ミーティング in 山形」が、8月23日に開催されました。
当団体が所属する「つながろう!ささえあおう!復興支援プロジェクトやまがた」が共催となり、私も記録などちょっとお手伝いをしながら参加しました。
08:43 | コメント(0)
2012/08/17

おきさぽ様からのヒアリング

Tweet ThisSend to Facebook | by:kaiya

 Yamagata1は情報支援という性質上、いろいろな分野の団体の方と接する機会があり、その時に情報を中心にいろいろな相談を受けることがあります。そのため、団体の分野として「中間支援」の意味合いも含めています。

 置賜地域で中間支援をされている「おきたまネットワークサポートセンター」(通称おきさぽ)様と、村山地域で中間支援をされている「山形の公益活動を応援する会・アミル」様が、ヒアリングにいらっしゃいました。
16:09 | コメント(0)
2012/08/05

第10回「青少年夢と創造へのアイディアコンテスト」

Tweet ThisSend to Facebook | by:admin
 8月4日(土)、山形テルサを会場に、第10回「青少年夢と創造へのアイディアコンテスト」が開催されました。本法人より代表の海谷が審査委員をつとめさせていただきました。
09:54 | コメント(0)